2010年07月27日

日本歯科大学,法政大学,東京理科大学 Nov'09

ブログ放置しすぎて身内から安否確認が入りました。。。
インパクト東京のブログ担当Sally元気です。大好きな夏だし晴れ

さて、昨年11月のレポート。

インパクト東京は、セルフディフェンスの知識と経験を通じて、
若い学生さんにこそ「自分を大切に」というメッセージを届けたいと考えてます。

大学によって、学生さんの安全に対する考え方はマチマチ。

じゃあ、そのマチマチ具合を検証しよう、
そしてインパクト東京が、学生さんや保護者の方が求めるような安心感のお手伝いができないか探ろうとしています。

11月の上旬におじゃましたのが
日本歯科大学
法政大学
東京理科大学
インパクト東京のナオミが訪問させていただきました。

@日本歯科大学
ご担当者さまとお目にかかることが出来ず。。。

A法政大学
飯田橋のキャンパスにお邪魔したところ、学生生活課のSさまに対応いただけました。ありがとうございます。

ハラスメントの相談窓口の事についてお伺いしたところ「秘匿なので」とやんわりとNG。突然の訪問者に当然かと思います。
文科省の学生支援GP採択で「学生の力」を活かした学生支援体制の構築ということで、様々なプログラムを実施されているとのこと。

そのような予算がある企画でインパクト東京を呼んでいただけると。。。なんてずうずうしく申し上げたところ、「先生との協働なので」とのこと。

これは教員のかたとのコネクションを作るところからだわね〜、ハードル高いけど、このような企画が出たとき、インパクト東京の実力も認知度も上がっていてオファー頂けるようにしたいと感じました。

B東京理科大学
対応いただいたのは学生課のHさん。

学生の安全対策としては、学生に渡す冊子には薬物や宗教勧誘に関する記述や、何かあったときに掲示板で注意を喚起するくらい、とのこと。

HPのハラスメントの記事はものすごく立派なんです!
実際はいろいろ対策されているのかもしれませんね。

こちらでは、学生さんのボランティアに関するチラシなどは、審査が通れば置かせていただけるようでした。

インパクト東京としても
ボランティアという切り口で学生さんとご一緒する&知っていただくのもいいかも、というところが収穫でした。

Written by Sally
posted by Bamboo at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生とハラスメント

2010年05月16日

NHK「おはよう日本」に出ました&NHKジャーナル出演予定♪

さて、今回はインパクト東京のメディアでの露出情報るんるん

昨日はサービスグラントさんにて
営業資料の打合せをさせていただきました。
6月に成果物として営業資料が完成予定。
これでまたインパクト東京はパワーアップできますパンチ

4月の打ち合わせではNHKのTV取材が入りましたが今回は、NHKラジオさんが。。。

今「プロボノ」熱いです!!

そうなんです、前回もブログでお知らせすりゃよかったのですが
なんとNHKの「おはよう日本」で
森山代表の単独?インタビュー付きで放送されました!

今回のラジオ放送は、
5月20日(木)午後10−11:10で放送予定とのこと
NHKラジオ第一(全国放送♪)

(大きなニュースが入ったら変更有)

いずれも趣旨はサービスグラントさんへの取材なんですが、
サービスを受けているNPOということで
ラッキーな事にインパクト東京も取材をしていただいてます。

ということで、是非聞いてくださいませ黒ハート
Written by Sally
posted by Bamboo at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2010年05月01日

二松学舎大学 Oct'09

彼氏・彼女の携帯チェックは当たり前、
この行動、Sallyは「愛」とは思えません。
「してどうすんの?」って感じだし、
「やましいことないなら見せてもいいでしょ」というのは警察の職質と同じだよね〜。職質って大抵は「こいつなんかおかしい」と疑がってるからするんです。

私の個人的な意見はともかく
相手が自分以外の人間と接触するのを制限する
→愛という名目の元に、相手をコントロールしようとするならそれはれっきとした暴力、精神的暴力です。

さて、こういう事言い出すとタイトルと離れていっちゃうので、
そろそろ本題です。

インパクト東京は、セルフディフェンスの知識と経験を通じて、
若い学生さんにこそ「自分を大切に」というメッセージを届けたいと考えてます。

携帯チェックの話が暴力につながるっていうようなことも、「心地よい人間関係を築くにはどうしたらいい?」みたいなことから、学生さんと一緒に考えていきたいです。

だって彼らがこれからの日本の未来を作り、はぐくんでいくんですから。

でもどうやったらそんな機会が得られるかを検討するために
直接大学にお邪魔して、現在、大学ではどんなハラスメント対策がされているのかリサーチすることに。

5校目におじゃましたのは『二松学舎大学』さん
インパクト東京のナオミが訪問させていただきました。

対応してくださったのは学生相談員のMさん。
ご自身はハラスメント相談員ではないとのことで、
具体的な内容はお伺いすることはできませんでしたが、
下記何点かは教えていただけました。

@ハラスメント相談員は、学生相談室、文学部教員、国際政治経済学部教員、事務職員らで構成、相談内容により柔軟に対応している
Aハラスメントに関することは学生課の管轄。学生課のトップは教員
Bハラスメント相談員は常駐ではない

なるほど。。。。
ハラスメント相談員に渡していただけるとのことで、
快くチラシは受け取っていただけました。
感謝です。

さて。。。。。。
万一、学生が教員からハラスメント受けた場合は、相談しやすかっていうと、ちょっと難しい体制かも??
これは他の大学さんでも同じような状況らしく、限られたリソースで学校側が十分に力を注げないという実情がありそうです。

そんなところにインパクト東京の突撃インタビュー、あまり歓迎されないのも分かります。(忙しいところ、すみません)

それならば、逆に何か学校側のご負担を軽くするお手伝いは出来そうです。
具体策を練ってまたお邪魔いたしますm(__)m

Written by Sally
posted by Bamboo at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生とハラスメント

2010年04月25日

大妻女子大学 Oct'09

学生さんたちにもDVという言葉自体は浸透しつつあるみたいだけど、「束縛は愛」だと思っていたりすると、いつの間にか自分がDVの加害者や被害者になる危険性もある。

インパクト東京は、セルフディフェンスの知識と経験を通じて、
若い学生さんにこそ「自分を大切に」というメッセージを届けたいと考えてます。

でも楽しく知ってほしいじゃん?ということで
どうやって届けたら楽しいかを検討するために
直接大学にお邪魔してリサーチからすることに。

4校目におじゃましたのは『大妻女子大学』さん
インパクト東京のナオミが訪問させていただきました。

対応してくださったのは総務の女性。
受付からお電話でつながった先が総務のようでした。

@学生さんたちが相談できるような窓口はあるのでしょうか?
Aご担当者さまのお話を伺えないでしょうか?

と用件をお伝えしたところ下記のようにご教示いただきました。

@については
「外部から講師を呼んで教職員に講習会を行ったりしている」
その他は担当ではないのでということでした。

今回もアポなしでしたので、「では出直します」とお伝えすると
「担当者は忙しいので出直していただいてもお会いできません」とのさみしいお返事。。

不審者と思われちゃいましたかね。。。滞在時間5分。。。
女子大でこそ、セルフディフェンスのセミナーはお役にたてると思うんですが。

大学側のメリットをちゃんとお伝え出来ないから、お目にかかれるまでには至らないんですよね。
すみませんでした。

Start again from the biginning!

Written by Sally
posted by Bamboo at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生とハラスメント

2010年04月22日

ゴールドマン・サックス 教育社会起業家・NPO支援プログラム

GS&ETIC.jpg

ゴールドマン・サックス 教育社会起業家・NPO支援プログラム
に選出いただいて、本日、半年のプログラムの最終日でした。

NPO法人ETICさんからのおススメも有りエントリしたのですが、
選考いただいて、他団体の皆さんとお会いできたのがとても刺激になりましたパンチ

毎回宿題がでましたが、そのたびに団体の現状と向き合う機会をいただいたと思います。

教育という同じフィールドで活動をする、NPO運営者からは
時に厳しい意見もありましたが、みなさんが、同じような道を通ってきたからこそのものだと思うと心強くもありますexclamation

以下、チョーざっくりですが、ご一緒した他団体さんの
ご紹介を。

このプログラムを通じてお会いできた方々に感謝です。



キッズドアさん

子どもの貧困問題に取り組み、学生ボランティアを巻き込んで、子どもに希望を持ってもらう活動。
子どもの自尊心が低いという問題意識は、通じるものがあります。
女性起業家という点でも今後もお付き合いしたいし、子どもの安全という面でもコラボできたらと思います。

日本視覚障害者サッカー協会(ブラインドサッカー)さん

Sally個人的にはサッカーってめちゃめちゃ遠い世界。
でも、晴眼者は情報を8割から得ていて、ブラサカをするとコミュニケーションのあり方に気付きを得られるっていうのにはとても興味を覚えました。
あと、晴眼者と障がい者が混ざり合う社会が実現出来たら、ホントにステキだと思います。

ブラストビートさん
音楽を介して高校生世代に自己効力感を提供し、社会人も喜びを得る。もう、ホントに楽しそう!
インパクト東京の提供するサービスは護身術だからなかなか楽しさや喜びを上手くアピールできないとこがあるんですが、自分たちも楽しみながら活動する姿は真似したい!

夢職人さん
今日のMTGでも半兄弟、半姉妹というキーワードが出てましたが、
「身近な人の理解が自尊感情を高める」っていうのには、ホントにまったく同感です。
私たちインパクト東京は、逆に身近な人から尊重されないからこそとても傷つく、ということに対する予防だったり、回復の機会を提供することなのかな〜、と。

Written by Sally




posted by Bamboo at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2010年04月14日

東京家政学院短期大学 Oct'09

学生さんたちとハラスメント・暴力の実態を知りたい&
インパクト東京として何かお役にたちたいぞー!

「護身術?セルフディフェンス??汗臭いのイヤなんだけどぉ?」
女子学生さんの中には「興味な〜い」という方も多いかな?

でも自分の安全について考えるのは「自分を大事にする」ってことで、毎日パックしたり爪のお手入れしたりするのと同じだよ☆

とはいっても、護身術っていう言葉とインパクト東京の提供しているサービス(講習)がイメージが違いすぎるってよく言われるんで、どんな風に学生さんたちに楽しんで参加いただけるか、調べちゃえ!ということで直接大学にお邪魔することに。

3校目におじゃましたのは『東京家政学院短期大学』さん
インパクト東京のナオミが訪問させていただきました。

対応してくださったのはI氏。

ハラスメント委員会はあるけど、特に今までは何もないとのこと。
(アカハラ、セクハラの発生がないのか、相談しづらいのかは不明です。こちらの学校に限らず、体制を作っただけではだめなのですが、学校側も制度を先に作らざるをえない、でも人とお金はさけず、結果として利用されないということも。政府のバラマキ型公共事業と同じにならないことを祈ってます!!)

丁寧に話を聞いて下さったI氏、インパクト東京のチラシは「置けるか確認しないといけないが」ということでしたがご親切に受け取ってくださいました。

「インパクト東京は何が提供できるんですか?」と聞かれ、
学生さんたちに「危険回避の方法を学んでいただけます」というような趣旨でお話申し上げましたが、上手く伝わったかしら〜?

こちらもいいご提案ができるように修行してまいります!!
とてもいい勉強になりました。ありがとうございました。

Written by Sally
posted by Bamboo at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生とハラスメント

2010年03月29日

インパクト東京@新潟県

トキ.jpg
3月14日、インパクト東京としては初の中越地方派遣に行ってまいりました!!
講習の結果はブログのプレスリリースにも掲載してますが、気付きも多く、すばらしい経験をさせていただいたので、かぶせて書いちゃいます!

Sally個人としては7年ぶりくらいの新潟でございます。
(ええ、新潟の日本酒にはいつもお世話になっておりますが。。)
正直に言うと、寒いのとか雪が苦手です。
なのでMAXときの車窓から雪景色が見えた時には、講習は楽しみなんですが、へこみました雪

んが、燕三条駅につくと、天気にも恵まれとても快適じゃありませんか!!!
三条駅.jpg



よかった〜〜。きっと参加者の皆さんと私たちの日頃の行いがいいからだわ黒ハート

で、講習まで余裕を見て到着したので、地元の産業センターを
ふらりとし、金属加工で有名な土地柄を感じることができました。
(お土産にいいなーと、「毛抜き」を購入わーい(嬉しい顔)

お昼に小嶋屋さんで『ヘぎそば』をいただき、いざ講習へ、でございます。

今回の派遣は、東京で受講してくださった三条女性会議の方が「ぜひ、新潟でも」ということでご依頼いただいたのです。

本当にありがたいことです。

講習は、熱気につつまれ参加者のみなさんも楽しんでいただけたようです。
(アンケート結果は、別途『セミナー受講者の声』ブログに掲載予定です。)
身体を動かし心を多少なりとも解放して、明日への元気につながれば、インパクト東京としては本当にうれしく思います。

またお伺いして、元気を分けあいたいな〜と感じました。

講習後は地元のお店で、
新鮮なお魚と美味しいお酒をいただき、
「生きててよかった。三条市に呼んでいただいてよかった〜」
と、とても幸せな気分でございました。

今回、インパクト東京の提供するプログラムは
どこの地方でも出来ると確信しましたし、
今後も地方の方にも体験いただけるようにしたいと思いました。

都心よりまだまだ家父長制が強かったり、女性が遠慮してたりする社会背景があるかもしれないです。
街が早い時間から暗くなったり人通りが減ったりします。

なので、「地方にこそ、提供したい」とも思います。

もちろん私たちインパクト東京は、お声かけいただければどこへでも馳せ参じるのですが、各地方(東北、四国〜とかね)1団体くらいインパクト団体が立ち上がって、セルフディフェンス講習を定期的に提供できたらいいな〜と。

今後の目標にしたいと思います!!

Written by Sally
posted by Bamboo at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2010年03月21日

この人が上司だったら→こんな人増えてほしい♪



こんな人が上司だったらがんばれると思う女性有名タレント
のらんきんぐ

1天海祐希
2真矢みき
3山口智子
・・・
10杉本彩

そうそう、インパクト東京としては
「うん、わかる。こんな女性が増えたらいいなって思ってんの」という感じです。

Sally個人的には真矢さん、杉本彩さんかしらね〜。
あと菅野美穂さんとかね。

仕事に前向きで、主張があって、丁寧に生きてて、色気も、ちゃめっけもある、みたいなイメージ。

うん、かっこいいぴかぴか(新しい)

Written by Sally


posted by Bamboo at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

インパクト東京、セルフディフェンスで女性をエンパワメント

セミナー.jpg
2010年3月18日発信
報道関係者各位

セルフディフェンスで女性の不安を解消!
三条女性会議主催「女性のための護身術教室」にて女性をエンパワメント

国内で5,000人以上の女性にセルフディフェンス「インパクト」を提供するインパクト東京は、
3月14日、三条女性会議主催の「女性のための護身術教室」にてプログラムを提供。

新潟県内の16歳以上の女性23名が参加しました。

講習ではセルフディフェンスのワザだけでなく、心と体を守る方法としての意思表示など、性的被害、身近な人から受ける暴力、人間関係をおびやかすものを回避するスキルを女性たちに伝え、エンパワメントしました。

講習後アンケート調査を実施したところ、
参加者全員が
「護身術講習は役に立ちそうだ」と回答しています。


・万が一キケンな状況に出会ったときや、自分の気持ちをあらわす時に役立つと思う
・はっきりとNOを表現してもいんだとわかり、嬉しかった
・日常生活から、いざという時にも役に立つかと思います
・不用な勧誘に対しての拒否の気持ちをどう伝えるかで役立つ
・身を守る事は、体と心両方なのだと気付けてよかった

など、イザという時だけでなく、日常の中で役立つという意見が多く寄せられました。

 また、堅苦しくハードなイメージをもたれがちな護身術教室ですが、
参加した80%以上 の女性が「楽しかった」
60%の女性が「自分にも出来ると思った」
と回答しています。

また、普段は出さないような大きな声をだしたり、身体を動かしたりしてストレス解消にもなったようです。

講習後の会場は、自信にあふれた女性たちの笑顔であふれていました。

今後もインパクト東京では、派遣講習を積極的に受託し、地方に住む女性たちと元気を分けあい、
『自分を心身ともに守る』コミュニティを全国に広げる活動をしてまいります。

<実施団体概要;インパクト東京 (NPO法人ライフライツ)>
1997年設立。アジア圏初のセルフディフェンス「インパクト」を教える団体として活動を続けています。現在までにのべ5000名が受講。
URL; http://impactokyo.net/
E-mail; info@impactokyo.net

<イベント主催者 概要;三条女性会議>
「女性と男性があらゆる分野で共に参画し、支えあう社会を作ること」を目的とし活動をしております。
URL; http://joseikaigi.net/
E-mail; info@joseikaigi.net


posted by Bamboo at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プレスリリース

2010年03月13日

文京区 成沢区長の育休宣言!

文京区の成沢区長さんが育児休暇を取得されるとのこと

これはSally個人の意見としては、
「良くやった!子育てを楽しんでください」
って感じ。44歳、結婚9年目のお子さんなら、本当にうれしいだろうな〜。気持ちを想像するだけで涙がでちゃうな〜。
本当におめでとうございます。
お子さんはもちろん、産後で大変なパートナーを大事にしてくださいね〜。

個人の本音としては、たかだか2週間休むのにこの大騒ぎは、
日本の性別役割が「男は仕事、女は家庭」ってまだ思われてる証拠だと思い、とても残念。

『子育てはオンナの仕事』と決めつけることは、
男の人は子どもを育てる楽しみを逃して損してるし、
仕事で成果を上げることでしか評価されないから、
引きこもりの大多数は男性で、
毎年3万人の自殺者のうち、70%は男性ということにつながっていると思うのね。

街頭インタビューで否定的なことを言っている方もいるけど
「ふんっ。あなたのために誰かが自分の時間を割いて、世話してくれたから、今、お仕事できるくらいの立派な体と心を持つヒトになったんでしょ??」
と、怒りがわいちゃうんだわよ。(私見ですよ。しつこいですが)

この話題が賛否両論で盛り上がるのはとてもいいことだと思う。

その方が、自分のこと、自分の組織のこととして真剣に考えることにつながるから、どこかで何かが変わるかもしれない!

成沢区長さんがお休みすることで、
「子育て」「親」「少子化」について多くの人に考えるきっかけを与え、文京区の職員さんは育児休暇を取りやすいことは間違いない。

Written by Sally



posted by Bamboo at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム