2009年06月15日

感動@渡邊奈々さん

socimo salon2.jpg

セミナーに参加し渡邊奈々さんのお話に感動しました。
右斜め下
http://npocause.org/2009/05/09/vol2/

渡邊奈々さんは『チェンジメーカー』という本を
出版されて、日本に「社会起業家」という概念を紹介した一人として有名な方です。

勉強不足で恥ずかしいのですけど
私、本のタイトルは知っててもくわしくは存じ上げない方でした。

私たちインパクト東京は
護身術を通して、イキイキと自分の人生を楽しむヒトを増やしたい
と思って活動してます。
そしてちゃんと事業として活動を継続したいと奮闘中です。

外から見たら社会起業家のくくりになると思うけど、
自分たちが「社会起業家」という意識はないんですね。

やりたいことで食べてきたい(ボランティアじゃなく事業としてやりたいけど、利益追求じゃない)、
それは結果的に社会全体に必要で有益なことで、今までの企業のありかたと違う。

いま日本でもそんな起業のありかたが認められつつあるんですよね。
そんな社会的環境が整う方向にあることを素直にラッキーだと思います。

で、ここからは私Sallyが個人的に感じたポイント3点ぴかぴか(新しい)
わーい(嬉しい顔)まあ、まずですね〜、渡邊奈々さんがかっこよく見えました。
なんでかって言ったら「主体的に生きる女性」とお見受けしたからだと思います。

その女性像は、まさに私たちインパクト東京が目指す女性なんですよね。
彼女自身の歩まれた道はここでは省きますけど
「自分が信じる道を楽しんで生きる」ってステキ
だと思うんです。
それは性別に関係なく、そんな人が増えたら互いに尊重して暮らせるんじゃないかと思うんです。

わーい(嬉しい顔)「精神的な価値を入れ込んだ生き方」
という言葉をメモする人を多数見受けました。

このセミナーの参加者だけでなく、そんな方が世の中には多いんだと思います。メモした方たちが「入れ込みたい」のか「入れ込んでる」から響いた言葉なのかわかりませんが、そのような生き方をするには
ぜひ私たちの提供するプログラムを受けていただきたい!
そんな生き方に必要なパワーが絶対出てくると思うので。

わーい(嬉しい顔)Life Commitment(ライフコミットメント)という言葉に感動。
社会的起業とは
「事業」でも「プロジェクト」でもない、
自分の価値観を反映した生き方であり、自分の全人格をかけてやることということでした。

自分のこの突き動かされて活動する感覚は、
まさにその通りだと思えて感動してちょっと涙ぐんじゃいました。

ということで、感動のあまりその場で販売された本を購入したので、その感想もまたアップしたいと思います。


Written by Sally




posted by Bamboo at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29811076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック