2009年12月25日

『EQ -こころの知能指数』←護身にも効く!

EQ


『EQ -こころの知能指数』
著者;ダニエル・ゴールマン 土屋京子・訳
講談社 1996年(初版)


本Sallyの個人的感想】お勧め度★★★☆☆

言わずと知れた大ベストセラー。
豊富な事例と分かりやすい説明、実践できそうなアドバイスの数々。なるほど、話題になるわけですね〜。

今さらこの本?という方も多いかもしれませんが、
「怒りの解剖学」や「共感の力」などは、まさに護身に必要な知識。

この本で、気になった部分は、
心理学者ハイム・ジノット氏の上手な気持ちの伝え方「XYZ」。

これはホントに効果的だとSallyは思います。
つまり批判する時などは
「あなたがXしたので、私はYな気持ちになった。Zしてくれればよかったのに。」という伝え方がいいというもの。

さらに、ほめるときはXYで伝え、とくにXを具体的に伝えると良いとのこと。

この方法、慣れるのには繰り返しが必要で、私もまだまだ訓練中。
(冷静でないと、どうしても相手を責めてしまいがち。)

「子どもには段階的に感情をコントロールする教育が必要」という考えにも、共感しました。
これって、心の護身法じゃないかな〜。

感情をコントロールすることは個人の幸せはもちろん「安全な社会」のためにも必要な知識だな〜と私は感じました。
互いに気持ちを言葉で伝える訓練を子どものころから皆がすれば、暴力も減るんじゃないかと。

自分の怒りの気持ちをコントロールしつつ、
伝えるべき時には相手に伝える方法を知るのは健全じゃない?、と思うんです。

楽しいときには笑い
嬉しいときには素直に口に出しても文句言われない。
悲しいときには泣いてスッキリできる。

どっちかっていうと、喜怒哀楽という感情の中で
「怒り」以外は他人と共有しやすいと思う。

怒るときにはどう対処したらいいか、
私たちは周りの人やメディアを通じて学習することが多いのだろうけど、
「上手な怒り方をする人」を探して見習いたいと私は思います。

Written by Sally
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34385078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック