2010年01月16日

上智大学 Oct.'09

学生さんたちとハラスメント・暴力の実態を知りたい&
インパクト東京として何かお役にたちたいぞー!

「護身術?必要性感じる学生がどんくらいいるのぉ?」
と結構言われちゃうんで、
「いやいや、自分のされていることが暴力だと気付いてすらいないことも多いんですよ!」

って言ってても数字で出さないと、確かに説得力ないんだよねー。
じゃあ、自分たちで調べちゃえ!ということで

まずは各大学には相談窓口があるので、ヒアリングさせていただくことに。

記念すべき第1校めは『上智大学』さんに、インパクト東京のナオミがお邪魔しました。

対応してくださったTさんは、とても熱心に話をしてくださいまし
た☆

 「様々なケースがあるハラスメントについて、対処法を整備中。
 護身術は、ハラスメントの防止にも効果的だと思う。」

などなど、ご意見を沢山伺うことができました。
 インパクト東京の護身術を、学生さんたちに提供するイメージを持つことが出来ました。

「お仕事熱心な姿、ステキだわ」と感心したナオミでした。

【ヒアリングから感じたこと】
大学としての取り組みも、制度や窓口が出来ただけではだめで、こうして担当される方の真剣な思いが大学のカラーや特色になるのかもしれないと感じました。

Written by Sally




posted by Bamboo at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生とハラスメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34765361
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック