2010年01月31日

工学院大学 Oct'09

学生さんたちとハラスメント・暴力の実態を知りたい&
インパクト東京として何かお役にたちたいぞー!

「護身術?必要性感じる学生がどんくらいいるのぉ?」
と結構言われちゃうんで、
「いやいや、自分のされていることが暴力だと気付いてすらいないことも多いんですよ!」

って言ってても数字で出さないと、確かに説得力ないんだよねー。
じゃあ、自分たちで調べちゃえ!ということで

まずは各大学には相談窓口があるので、ヒアリングさせていただくことに。

2校目におじゃましたのは『工学院大学』さん
インパクト東京のナオミが訪問させていただきました。

学生さんたちの現状などのお話は伺えませんでしたが
HPはとっても立派です。

対応してくださったのはOさん。

セクハラ担当の相談員さんとお会いするには別途アポが必要ということで(当然だと思います。突然で失礼しましたm(__)m)
この日はセクハラ対策に関するパンフレットをいただきました。

相談員さんのお話を伺いたいと思っておりますので
その時にはどうぞよろしくお願いします!


Written by Sally
posted by Bamboo at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生とハラスメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35025211
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック