2008年11月17日

大藪順子さん講演会

11/15(土)会場:男女共同参画センター横浜にて
大藪順子さんの講演会が開催されました。(主催:ひとつぶの麦)
11/19まで写真展も開催されてます。
http://www.women.city.yokohama.jp/seminor/guest2.php?c_id=934

大藪さん自身も性暴力のサバイバー(性暴力被害を生き抜いている人)であり、同じように生きていく人たちの姿を伝えたいと、
(プロジェクトSTAND:「性暴力サバイバーたちの素顔」)を立ち上げたフォトジャーナリストです。

大藪さんは淡々とした口調で講演されていたと思いますが、それが逆に壮絶な痛み、そして現在の活動に対する思いが伝わってきて、本当にいい講演会でした。

サバイバーの方に接すると、私は思うんです。
文字にすると陳腐ですが
「つよいな」、そして「生き抜いてくれてありがとう」という気持ちが、、、、
ああ、もう文字にするとホント違う。

とにかく、
もがきながらも懸命に生きる命の尊さに心が揺さぶられるのです。

私たちインパクト東京の講習には
いろんな方に参加いただいてます。

女性が「護身術」を習おうとするとき、
単に興味から参加いただく方、運動の一種としてとらえる方、
深い思いや目的がある方もなかにはいらっしゃいます。

どなたも、その方なりに自信を得たり、尊厳を取り戻されています。

インパクトはそんなふうに「自分らしく生きることへの気づきを得られたり」、「何かを乗り越えるきっかけ」にもなるプログラムです。

前回のブログでも書きましたが、まだ定期講習に空きがございます。

あなたにも、必ずなにか持って帰っていただけると自負している講習です。ぜひ参加ください!


お申込/お問合せは
インパクト東京
TEL&FAX: 03-3858-5735
E-mail: impactokyo@gmail.com


入門コース
日時:11月30日(日)10時から12時まで
   または
   12月11日(木)19時から21時まで
場所:東京ウィメンズプラザ2F第2会議室
http://impactokyo.net/sub3.htm
対象:女性(16歳からシニアまで、初心者でもOK)
参加費:2,000円(学生1,000円:申込時お知らせください)
参加申込:要予約 定員10名
内容:レクチャー&簡単護身術&ロールプレイ
持物等:筆記具 普段着でOK

イントロコース
日時:12月14日(日)13時から16時
場所:港区コミュニティカフェ
http://impactokyo.net/sub3.htm
対象:女性(16歳からシニアまで、初心者でもOK)
参加費:5,000円
参加申込:要予約 定員6名
内容:簡単・有効な護身術を個別指導
   他では出来ない、男性講師相手の実戦講習
   メンタル的なサポート
持物:室内用運動靴
   動きやすい服装(スカート不可)
備考:リピーター対象の復習クラス併設
   午後2時から午後4時まで 
   参加資料代3,000円    
Written by Sally



posted by Bamboo at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2008年09月08日

クラヴマガ見学記

秋の気配が漂ってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
インパクト東京代表のNaomiです。

先日、以前から興味のあった護身術を見学してきました。
上級クラスだからか、ウォーミングアップでみんなもう汗ダラダラ。
まるで○リーの○ートキャンプのようなハードさ。
どちらかと言うと、護身術スタイルの格闘技系スポーツパンチだな、と思いました。

でもさすがにインストラクターの動きがシャープ!
運動神経が並みの私としては、そのシャープな動きをモノにしたいところです。

「動きと気持ち」はつながっています。
私たちの講習でも受講生の方々が、実技が進むにつれ
気持ちも少しずつ解放していくのが、分かります。

そして講習が終わると、何だかさっぱりしたような顔をしているのは、
おそらく暴漢への反撃という動きを通して、日常生活の中で
受けるさまざまな侵害に対する怒りの感情も、無意識に解放しているからなのでしょう。
講習後のイキイキとした皆さんの顔を見るたびに、
ああ、やっぱり「心と体はつながっている」んだな、とあらためて思います。

written by Naomi



つづけてアップしちゃいます。
副代表のSallyです。
私も「同業他社」の研究をしたいな〜と見学に行きました。
が、見学終えて思ったのは「同業他社」じゃない。ということ

確かに技の動きには近いものがあります。
当然、合理的かつ効果的な動きを追求しているのは同じなので。

トレーニング、精神鍛練にはとても良いと思います。

でも、私たちが女性と子どもに教えているインパクトとはまったく別物。
手前味噌ですが(私の仕込んだ味噌じゃないのですがわーい(嬉しい顔)
「守るべき自分」とは何か心と体で感じることができるのは
本当に素晴らしいプログラムなんだな〜と
改めて実感しました。

ということで、私たちの団体の一押しのBasic講習
(10月11日から13日までの3日間新宿区内で開催)の貴重な講習、
まだ受け付けております!

是非参加くださいませexclamation
お待ちしております
written by Sally


posted by Bamboo at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2008年06月29日

「もう年だから、護身術は関係ない」なんてことない!

あじさい.jpg


紫陽花がキレイな季節ですね〜。
土がアルカリ性か酸性かで色が変わったり、
不思議なお花ですよね。

さて、女性は花に例えられたりすることもありますが、
私たちの講習について言えば、
若さとか、美貌とか全く関係ないんです!

最近、特に強く感じたのでこの話題。

40代以上のかたが、受講される前に
「もう年だから、関係ないけど」

等とちょっと遠慮がちに、または照れながら、参加くださることが多いように思います。

でも、講習の最後には皆さんとても楽しそうにして
イキイキと輝いていらっしゃいます。

これは、インパクトのプログラムが単なる「護身の技」の伝授
にとどまらず

「自らの生きるパワーを再確認させてくれる」、
「我慢してきた何かを克服し、自分の大切さを実感できる」

からだと思っています。

そもそも若くてキレイで露出が多い女性だけが暴力の被害に遭うわけではないんです!
それこそ、そんなの偏見や、社会からの刷り込みなんです。ちっ(怒った顔)

暴力は身体的なものばかりではありません。
言葉、精神的、性的なもの,,,etc
いろいろありますし
年齢とか性別とか、その人の属性には何ら関係なく、
相手の尊厳を傷つけることを言います。
だから、日常の中で、そして悲しいことに身近な人から受ける暴力のほうが多いのです。

私たちは、活動を通じて
「自分の人生の主人公として生きるステキぴかぴか(新しい)なヒト」

が増えることを願ってます!
posted by Bamboo at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2008年06月13日

秋葉原無差別殺傷に思う

また、「誰でもよかった」という殺人が起きてしまいました。
亡くなられたご本人はもちろん、その方たちを大事に思っていたかたには本当にお気の毒なことです。

どんなに悔しいだろう、そう思うとニュースを見ながら涙が出てきてしまいます。

某テレビ局からこの件に関してコメントを、という取材依頼がありましたが、結局企画自体がなくなり、コメントすることもなくなりました。

私個人としては、このような大きな事件が起こると色々思うところがあり、複雑な気持ちになり、メディアが求めるような「答え」ができないので、正直ほっとしました。

まず、世間の注目を集めるような事件は悲惨なものが多く、それ自体は本当に胸がいたみます。
護身法を教えている身としては、純粋に「被害が拡大しない方法はなかったのか?」と悔しく思いますし、その答えを得たくなります。ですが、事件は生身の人間が、色々な情況の下で関わり、起こるもの。
答えは常に「〜だったら〜だったかもしれない」という仮定でしかありません。

不安をあおったり、
過度に加害者の特殊性を騒ぎ立てたり、時代や社会、育てた親のせいにする、
ひどいときには被害者の不必要な情報を暴き立てる
一部のメディアの取り上げ方に、情報社会の成熟の未熟さと怖さを私は感じます。


それから、暴力という問題に向かい合って活動しているので、
暴力や尊厳を奪う行為は日常にありふれていることにも思いがめぐります。

また、特異な事件に目がいくあまり、
「暴力」は自分と関係ないところで起きる、
という認識を知らないうちに刷り込まれてしまう様で、
怖いのです。


もしあなたが生き難さや、侵害を感じているなら、自分と他人との【境界線の設定(バウンダリーセッティング)】が不適切なのです。
それは他人を侵害したり、または侵害されたりする
「暴力」につながる可能性があります。


秋葉原の無差別殺傷の加藤容疑者も、一部供述内容をみるに
他人との「境界線」がうまく引けていないように感じました。

最後に、もう一度、被害者の方のご冥福をお祈りすると共に
だれも加害者にも被害者にもなって欲しくない、
暴力に向き合う活動家の1人として心から願います。



posted by Bamboo at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2008年05月29日

6月の講習&ネイル初体験♪

ネイル

ぴかぴか(新しい)ネイル初体験してきました〜るんるん

お茶を習っているから伸ばせないし
爪が弱くてすぐに2枚爪になるし、
子どもの手みたいで似合わないし(笑)
ネイルアートとは一生縁がないと思ってましたが、
初体験してきましたかわいい

カルジェル。1時間かかりましたけど、
これで1か月くらい持つからいいのかな〜。
それにしても専用の除光液やら全部で1万円くらいかかりましたもうやだ〜(悲しい顔)

みんなさ〜こうやって美容にはお金かけるのね。
でも、健やかな毎日があってこそ、じゃないですか?

安全や安心のためにもぜひ自己投資してみてくださいねexclamation

「気を強くする」のではなく「気持ちを強くする」講習が
あなたの生き方を変えますぴかぴか(新しい)

インパクト東京の定期講習のご案内です

女性のための護身術〜

インパクト入門コース


米国生まれの護身術インパクトの入門コース
10代からシニアの方まで楽しく学べます!
格好だけではない実践的な護身術です。

お申込&お問合せ先

インパクト東京

TEL&FAX: 03-3858-5735
E-mail: impactokyo@gmail.com



・日時 
 6月6日(金) 19時から21時

・場所 
 東京ウィメンズプラザ2階 会議室
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
・対象
 16歳以上の女性

・参加申込
 要予約 定員10名

・参加資料代  
 2,000円(学生1,000円:申込時お知らせください)


・内容
 日常を安全&安心に過ごすためのポイントをレクチャー
 簡単護身術
 ロールプレイ

★筆記具持参 普段着でお気軽に参加いただけます!
posted by Bamboo at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2008年03月27日

☆夢☆

今日は同僚の男性が
「最近、護身術の活動はどう?」
って聞いてくれました。

彼は以前から
「社会に役立つことで飯が食えたら」って言っていた人。
「家庭を持っているから、自由にはできないけど」
って笑っていたっけ。。

私の中学のときの日記には
「せっかくこの世に生まれてきたのだから、ちょっとでも何かの役に立ちたい」と書いてあります。

中学生らしいピュアな気持ちで
ちょっとくすぐったい言葉ですが
実は今も考えは変わりません。

これは身内が亡くなって「死」が身近にあったことが
大きく影響しています。

だって人生って1回しかないんですもの
周りの人が笑顔になったら素敵な人生じゃないですかぴかぴか(新しい)

たまにマザーテレサの言葉を思い出します。
「あなたの活動を偽善という人もいるでしょう、
かまわず続けなさい」っていうところ。

暴力によって傷ついても生き抜いている多くの
女性のために、出来ればそんな辛い思いをする人が減るように、
そう思って私たちは活動を続けます
exclamation







posted by Bamboo at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2008年01月22日

はじめまして♪

はじめまして。
護身術を教えているインパクト東京のスタッフです。
インパクトとは米国生まれの護身術のプログラムの名前なんですパンチ

私たちの活動を必要としている女性や子どもさんたちに
1人でも多く知っていただけたらと思います。

私たちは、この護身術が命や尊厳を護る事ができる、少なくともその可能性が高まるものと信じて講習をしています。

普段の活動と同様、ブログも地道に続けていきますので
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by Bamboo at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム