2010年03月13日

インパクト東京、中越地方で初の米国本格護身術を提供

2010年3月4日発信
報道関係者各位

女性が、自分を大切にして生きていく力を!
三条女性会議主催「女性のための護身術教室」が開催されます


< 「女性のための護身術教室」開催概要 >
日 時:2010年3月14日(日)14:00〜16:00
場 所:三条市総合福祉センター2階 第一会議室
参加費:1,000円
講 師:森山奈央美(「インパクト東京」代表)
対 象:16歳以上の女性 
内 容:レクチャー及び、護身の実技
主催及び申込先:三条女性会議 
担当;野崎 FAX; 0256-32-3679 E-mail; info@joseikaigi.net
お名前と連絡先電話番号をお伝えください

 国内で5,000人以上の女性に護身術プログラム「インパクト」を提供するインパクト東京は、三条女性会議主催の「女性のための護身術教室」にてプログラムを提供します。

三条女性会議のメンバーが、東京で女性と子どもに護身術を教えている団体、インパクト東京の講習を体験し「ただの護身術ではなく、女性が自分を大切にして生きていく力を体感できる。女性の心のヒダに寄り添うことで、心の癒しにもなるのでは。地元の女性たちにも体験してもらいたい」
と今回の開催が決定しました。 

インパクト東京の提供する護身術は、米国生まれの本格派。女性に特化した護身術は、日本では非常に数が少なく、中越地方でこの本格護身術講習が開催されるのは、今回が初めて。

護身術が安全・安心につながるのはもちろんですが、自分を守るスキルを身に付けることにより自尊感情がアップし、危険を回避する能力も高まります。また、アサーション(※)を学ぶことで、心も体も健やかに自分の人生を楽しむことができるようになります。

今後もインパクト東京では、派遣講習を積極的に受託し、地方に住む女性たちと元気を分けあい、
『自分を心身ともに守る』コミュニティを全国に広げる活動をしてまいります。

(※)アサーション(assertion);直訳は自己表現・自己主張。ここではコミュニケーションスキルの方法の一つとして、「互いを尊重しながら自分の意見を伝える」という意味。

<実施団体 概要;インパクト東京>
インパクト東京
(提供NPO法人ライフライツ)
URL;http://impactokyo.net
E-mail;info@impactokyo.net
Tel&Fax;03-3858-5735

1997年設立。現在までにのべ5000名が受講。アジア圏初のインパクトを教える団体として活動を続けています。

<イベント主催者 概要;三条女性会議>
三条女性会議
URL; http://joseikaigi.net/
E-mail;info@joseikaigi.net
FAX;0256-32-3679

「女性と男性があらゆる分野で共に参画し、支えあう社会を作ること」を目的とし活動をしております。

Written by Saly

posted by Bamboo at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | プレスリリース

2010年01月31日

工学院大学 Oct'09

学生さんたちとハラスメント・暴力の実態を知りたい&
インパクト東京として何かお役にたちたいぞー!

「護身術?必要性感じる学生がどんくらいいるのぉ?」
と結構言われちゃうんで、
「いやいや、自分のされていることが暴力だと気付いてすらいないことも多いんですよ!」

って言ってても数字で出さないと、確かに説得力ないんだよねー。
じゃあ、自分たちで調べちゃえ!ということで

まずは各大学には相談窓口があるので、ヒアリングさせていただくことに。

2校目におじゃましたのは『工学院大学』さん
インパクト東京のナオミが訪問させていただきました。

学生さんたちの現状などのお話は伺えませんでしたが
HPはとっても立派です。

対応してくださったのはOさん。

セクハラ担当の相談員さんとお会いするには別途アポが必要ということで(当然だと思います。突然で失礼しましたm(__)m)
この日はセクハラ対策に関するパンフレットをいただきました。

相談員さんのお話を伺いたいと思っておりますので
その時にはどうぞよろしくお願いします!


Written by Sally
posted by Bamboo at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生とハラスメント

2010年01月24日

長屋にもあった!?DV

横浜YWCA「ゆう」主催の新春落語会
『長屋にもあった!?DV』〜カウンセラーによるお話つき〜
に寄せていただきました〜。

「ゆう」は4月発足予定で、現在準備段階の団体さんですが、
DVに関する相談業務を中心に活動されるそうです。
相談できる場所があるのは、とても心強いですよね!

さて、最近私の中で落語に対する興味が盛り上がっていたところで
この会を知り「これはめぐりあわせね黒ハート」と
とても楽しみにしてました。

柳亭燕路師匠の軽快な話しっぷり(よく舌がまわるな〜)、
まくらも、あい間のお話も、もちろん落語自体も
「さすが、うまいね〜。うまいこと言うね〜(江戸っ子風が伝染)」という感じ。

初の「ナマ落語」やっぱ、ライブっていいわ〜ぴかぴか(新しい)

昨今、お笑いブームだけど、
「もぉー、ぜーん、ぜんっ、笑いの質もレベルも違う!!!」

何年も、何十年も時を経て熟成されたひねりといい、
日本語の面白みといい、
人間の本質をついた深みといい
そして時代の風俗も映し出す多面性。。。
こりゃ、はまりそう。

この会では、DVに対する説明が軽くあり
主催者の価値観を押しつけず
「落語からご自分で感じ取って」ということでした。

演目は
「初天神」はつてんじん
「厩火事」うまやかじ
(Sallyが分かったもののみ記載。)

「厩火事」に登場する夫婦の関係性をどうとらえるか、
最後のダンナが言うオチのセリフ
(「働き者の妻が大事なのは、昼間から酒が飲めるから」という趣旨)でどこまでイメージを膨らませるかは人によって違うでしょう。

私は「性別役割分業」とか「経済的DV」「精神的DV」
ひょっとしたら「共依存の関係性」もあるのかなーと感じました。

DVや暴力なんて自分と無縁と思っている人には
「もう少しDVに対する説明があったらいいかも」
って個人的には思いましたが
「笑い」という入りやすい感情から
「DVって?」と考えられる素晴らしい切り口だと思いました。


ぜひまた開催いただきたいなるんるん
Written by Sally




posted by Bamboo at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2010年01月17日

子どものための護身法@横浜市立小学校

子どものための護身法講習を横浜市の小学校で開催いたしました!
ブログ用写真.JPG

12月の寒い体育館でしたが、子どもたちの楽しい声と熱気に包まれましたわーい(嬉しい顔)

参加者は53名(大人28名&子ども25名)
参加いただいたのは低学年のお子さんが多かったですね。
やはり、保護者の方の安全に対する不安も大きいからかもしれません。

講習内容は、大きな声の出し方、手首をつかまれた時の取り方など。
子どもさんと保護者の方とペアになって実施してもらいました。

アンケートによせられた感想は別途、『セミナー受講者の声』ブログにアップする予定です!

今回の『子どものための護身法』開催はPTAの方の熱意で実現しました。

このような派遣講習を承る場合、
主催者の方に出来るだけインパクト東京の定期講習に参加いただいて、ご理解いただいてからという方針でおります。

インパクトが武道ではなく実践的な護身法であり、
かつメンタル面も重視するという趣旨に主催者の方に賛同いただいたうえで開催させていただくと、とてもいい感じで運営することができるからです。

今回、私たちインパクト東京としても学ぶところのおおい、
実りある楽しい講習でした。

細かいところに気を配っていただいたPTAの方々、
参加いただいた方に心から御礼申し上げます。

またお会い出来たらいいな黒ハート

私個人としては、保護者のなかにパパさんも4名参加してくださったのが、とっても嬉しかったですね。
休憩時間に子どもと一緒に本当に楽しそうに、嬉しそうに遊んでいる様子、ほほえましくてとても幸せな気持ちになりました。

護身術の講習を通じて、
子どもも大人も「守るべき大切な自分」を感じ、
自身の体で守る具体的な方法を理解する。

普段は忙しい保護者の方に、ゆっくりお子さんとふれあい、さらに「大事な存在なんだよ」と伝えてあげられる、いい機会にしてもらえたらな、と思います。
Written by Sally



posted by Bamboo at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習結果のご報告

2010年01月16日

上智大学 Oct.'09

学生さんたちとハラスメント・暴力の実態を知りたい&
インパクト東京として何かお役にたちたいぞー!

「護身術?必要性感じる学生がどんくらいいるのぉ?」
と結構言われちゃうんで、
「いやいや、自分のされていることが暴力だと気付いてすらいないことも多いんですよ!」

って言ってても数字で出さないと、確かに説得力ないんだよねー。
じゃあ、自分たちで調べちゃえ!ということで

まずは各大学には相談窓口があるので、ヒアリングさせていただくことに。

記念すべき第1校めは『上智大学』さんに、インパクト東京のナオミがお邪魔しました。

対応してくださったTさんは、とても熱心に話をしてくださいまし
た☆

 「様々なケースがあるハラスメントについて、対処法を整備中。
 護身術は、ハラスメントの防止にも効果的だと思う。」

などなど、ご意見を沢山伺うことができました。
 インパクト東京の護身術を、学生さんたちに提供するイメージを持つことが出来ました。

「お仕事熱心な姿、ステキだわ」と感心したナオミでした。

【ヒアリングから感じたこと】
大学としての取り組みも、制度や窓口が出来ただけではだめで、こうして担当される方の真剣な思いが大学のカラーや特色になるのかもしれないと感じました。

Written by Sally




posted by Bamboo at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生とハラスメント

2009年12月25日

『EQ -こころの知能指数』←護身にも効く!

EQ


『EQ -こころの知能指数』
著者;ダニエル・ゴールマン 土屋京子・訳
講談社 1996年(初版)


本Sallyの個人的感想】お勧め度★★★☆☆

言わずと知れた大ベストセラー。
豊富な事例と分かりやすい説明、実践できそうなアドバイスの数々。なるほど、話題になるわけですね〜。

今さらこの本?という方も多いかもしれませんが、
「怒りの解剖学」や「共感の力」などは、まさに護身に必要な知識。

この本で、気になった部分は、
心理学者ハイム・ジノット氏の上手な気持ちの伝え方「XYZ」。

これはホントに効果的だとSallyは思います。
つまり批判する時などは
「あなたがXしたので、私はYな気持ちになった。Zしてくれればよかったのに。」という伝え方がいいというもの。

さらに、ほめるときはXYで伝え、とくにXを具体的に伝えると良いとのこと。

この方法、慣れるのには繰り返しが必要で、私もまだまだ訓練中。
(冷静でないと、どうしても相手を責めてしまいがち。)

「子どもには段階的に感情をコントロールする教育が必要」という考えにも、共感しました。
これって、心の護身法じゃないかな〜。

感情をコントロールすることは個人の幸せはもちろん「安全な社会」のためにも必要な知識だな〜と私は感じました。
互いに気持ちを言葉で伝える訓練を子どものころから皆がすれば、暴力も減るんじゃないかと。

自分の怒りの気持ちをコントロールしつつ、
伝えるべき時には相手に伝える方法を知るのは健全じゃない?、と思うんです。

楽しいときには笑い
嬉しいときには素直に口に出しても文句言われない。
悲しいときには泣いてスッキリできる。

どっちかっていうと、喜怒哀楽という感情の中で
「怒り」以外は他人と共有しやすいと思う。

怒るときにはどう対処したらいいか、
私たちは周りの人やメディアを通じて学習することが多いのだろうけど、
「上手な怒り方をする人」を探して見習いたいと私は思います。

Written by Sally

2009年12月20日

ザ・ボディショップさんでのセミナー動画☆

ザ・ボディショップさんとのコラボセミナー、
11月に開催しましたが(ご報告は前回のブログで揺れるハート
その時の様子、動画でリアルにお届けします!
(音が出ます、ご注意ください)


2分弱の動画ですが、熱気が伝わるんじゃないかしら〜。

護身術って言葉からは想像しにくいかもしれないけれど、
(画数多いし。。。)
楽しくて、結構ストレスも発散できるんですよ〜るんるん

自己自分のカラダを動かすからスッキリするし
内側から元気が出て、キラキラぴかぴか(新しい)キレイになれるんですよわーい(嬉しい顔)

定期講習は東京都内で毎月開催してるので、
ぜひ体験しに来てくださいませexclamation

Written by Sally



posted by Bamboo at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフルーム

2009年11月30日

ザ・ボディショップルーム バリューズイベント☆

店舗外観

11月21日 ザ・ボディショップ新宿店 3階のザ・ボディショップルームにて、
バリューズイベント
を開催しました!
9月のイベントも大好評でしたが、
第2回目となる今回も45名の方に参加いただき、会場は熱気ムンムンでしたるんるん

私たちインパクト東京は、護身術を通じて「自尊感情を高めると自分の人生を楽しく安全に生きられる」と伝えています。

ザ・ボディショップさんの価値観「セルフエスティーム(自己尊重)」と全く同じなんですね!

自分を大切にすることで、女性はその人らしく輝く。ということなんですよね。

今回は前半に護身術、後半にボディバターを使用したハンドトリートメントの体験もいただける、とってもお得なイベントでした。

手首実演

アンケートからも
「護身術は、思っていたより簡単だし、日常で気をつけられるポイントも聞けてよかった」
「ハンドトリートメントは良い香りでリラックス出来たし、気持ちよかった。」と楽しかったとの声を沢山いただきました。

護身術というとイカツイ感じで体験する機会もなく、ハードルが高いかもしれませんね。

でも私たちは、
「自分を大切にするって、具体的にはこういうことなんですよ〜。」と伝えたいと思ってます。

「自分の人生ですもの。
自分を尊重して、それから周りの人も尊重できたら、ステキぴかぴか(新しい)じゃないですか!」
ってね

Written by Sally



posted by Bamboo at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習結果のご報告

2009年11月16日

女子大生にセルフ・ディフェンスを伝授!

女子大生のイベント情報
2009年11月発信
報道関係者各位

女子大生にセルフ・ディフェンスを伝授!
埼玉女子短期大学「女性学公開講座〜自尊感情を育てる護身術講座」を開催

埼玉女子短期大学(埼玉県日高市)で「女性学」を教える宮淑子講師の授業の一環として、外部から講師を招く「女性学公開講座」が開催されました。
今回の外部講師は、護身術教室を運営するインパクト東京の森山代表。「自尊感情を育てる護身術講座」と題して、女子学生約250名に講義をしました。

「女性学公開講座」概要
日 時:11月11日(水)2限目(10:50〜12:10)
場 所:埼玉女子短期大学 大教室
講 師:森山奈央美(「インパクト東京」代表)
対 象:埼玉女子短期大学 宮淑子講師の「女性学」履修学生 約250名
テーマ:「あなたの自尊感情を育てる護身術講座」
内 容:レクチャー及び、護身の実技

 埼玉女子短期大学「女性学」講師 宮淑子氏の授業の一環として「女性学公開講座」が開催されました。
講座のテーマは「自尊感情を高める護身術講座」。
護身術を伝授したのは、アメリカ生まれのセルフディフェンス(護身術)の技術を学び、女性と子どもたちの護身術教室を開く「インパクト東京」代表;森山奈央美です。

「インパクト東京」の提供するプログラムを、ジャーナリストでもある宮淑子氏が体験取材をしたところ、「学生にこそ必要な知恵」と講座の開催を検討。大学側も大学生が被害に遭う事件が連日報道されるなか、学生の安全・安心につながるのはもちろん、護身術を通じて自尊感情を高めることが就職活動などにも効果があり、アサーション(※1)を学ぶことで、卒業後も学生たちがイキイキと自分の人生を楽しむことができると判断。今回の実施となりました。

学生たちには、レクチャーにより「自尊感情・セルフエスティーム」の大切さと、実技により身を守るための実践的で簡単な護身のワザを伝授しました。
インパクト東京によるレクチャーの内容は
・もし暴力や侵害を受けたとき、自分を大事にしようとする感情(自尊感情・セルフエスティーム)がないと、毅然と立ち向かえない
・怒りの感情は、コントロールする必要はあっても否定することはない
等々、一般にイメージされる汗臭い、無骨な護身術とは一線を画しています。
実施後のアンケートでは、「意外と簡単で自分にも出来そう」、「強さというより、どれだけ気を強く持つか、だと思った」等、約90%の学生が「役に立ちそう」と答えています。
「世界にたった一人しかいない、守るべき価値のある自分を大切にしよう」というメッセージは、学生たちにしっかりと届いたようです。
今後、インパクト東京では学生にこそ、護身法のプログラムを積極的に提供し、未来ある学生の自尊感情を高める支援を行っていこうと思っています。

(※1)アサーション(assertion);直訳は自己表現・自己主張。ここではコミュニケーションスキルの方法の一つとして、「互いを尊重しながら自分の意見を伝える」という意味。

<概要>
埼玉女子短期大学
http://www.saijo.ac.jp/index.html
宮淑子講師 http://homepage2.nifty.com/f-j-miya/

<講座実施団体 概要>
団体名;インパクト東京
(提供;NPO法人 ライフライツ)
URL;http://impactokyo.net
1997年から護身術を伝える活動を開始。
現在までに約3000名が受講

<本件に関するお問い合わせ>
広報担当者;インパクト東京 森山
E-mail;info@impactokyo.net
Written by Sally
posted by Bamboo at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プレスリリース

2009年11月13日

THE BODY SHOPさんとのコラボ企画!

なんと!あのTHE BODY SHOPさんとインパクト東京のコラボ企画が大好評につき、第2回目の開催をすることにるんるん

「ザ・ボディショップルーム特別セミナー
第2回セルフエスティームを高める〜
護身術から学ぶ心とからだのワークショップ」


現在、若干名ではございますが追加募集中です。

会場は新宿の「ザ・ボディショップルーム」3階

1階はコスメなど購入できる店舗、2階はリフレクソロジー
3階は情報発信のスペースとして素敵なイベント会場
と、半日は遊べちゃうような楽しいお店ですよかわいい

そして参加は無料!!!
この機会をお見逃しなく、
こちらをクリックして、応募フォームからお申し込みください。

キーワードは「セルフエスティーム(自己尊重)」。
そして、なんと今回は自宅でもできる簡単なハンドトリートメントの方法も体験いただけちゃいます!

私たちインパクト東京は護身術を通じて、ワザだけでなく、
自尊感情を高める、女性がイキイキと自分の人生を楽しめるようになると考えています。

ザ・ボディショプさんも、女性の美しさは画一的なものでなく、
自分を大切に思う気持ちが、女性を内面から輝かせると考えて
いらっしゃいます。

アプローチは違っても、
「女性がもっと輝くってステキじゃない!」そんな思いが共鳴して、今回のイベント開催につながりました。


皆さんと、会場でお会いできることを楽しみにしてます黒ハート
Written by Sally

posted by Bamboo at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習のお知らせ